FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自費出版で紙の本を安く作る方法


自分で書いた小説などを電子じゃなくて紙の媒体としてちゃんと製本してみたい
って考えたことはないでしょうか?

私はあります
だって妄想するだけならタダですからね

しかも今までに一回も小説など書いたことすらないというのにw
私がなんか文章を書いたことがあるってのは精々この
適当などーしようもない日記的なブログぐらいです

まぁ最近は小説のようなものは無理でも
ツリーハウスを作った経緯などを書いた
DIY的な実践書などならいけるか?と無謀にも考えているところです

自分でツリーハウスを作ってみたせいか
他の人が作ったものも色々みてみたいのですが
なかなか事細かく書いている本やブログなどが少なくて
探し出すのすら大変なぐらい絶対数が少ないのです

素人が作ったたくさんのツリーハウスが見てみたいのです

そこで無いならまずは自分で本を作ってみてしまうのはどうだろうか?と考えたのです
ここまで考えはたして自費出版で紙の本を作るとしたら最低どのぐらいの費用で
作ることができるのか気になり調べてみたらともて気になるものを見つけたのです

そのまんま「自費出版」で検索を掛けてみたところ
 
たった4980円の費用で紙の本を出版することが出来るというものを見つけてしまいました

その名も MyISBN

な なんだってー!?
つまりどーゆーことだってばよ?

どうやら調べてみたら4890の費用で紙の本を出版してくれるらしいのです!!

すっごーい!

おまえはオウムのフレンズか!




さて、いつもの茶番の下りはこの辺にしてもう少し詳細をみてみると

 ・デジタルデータがあれば5分で本が出来る
 ・一冊から紙の本が作れる
 ・ISBN(国際標準図書番号)が交付される
 ・Amazonや書店で本を買える
  
などなどみたかんじかなりすげーんじゃねーの?と思ってしまいます

isbn1.png


そうなると気になるのはやはり印税関係でしょうか
どうやら調べてみたら著者の印税は10パーセントのこと

ふむー
普通の本屋さんとかで並んでいるのと同じぐらいなのかな?
噂ていどだけど本の印税は10パーセントってきいたような気がしたので

しかしもっと詳しく調べていたらかなり重要な案件を発見してしまいました
それは最低販売価格というものです

内容はというと、販売価格よりも印刷費などの諸経費の方がでかくならないようにするために
儲けられた数字らしいです
そんで最低価格はページ数にもよるらしいのですが基本は1ページあたりが10円とのこと

50ページの場合880円
100ページで1300円程度
大体200ページ以上になると1ページ10円らしいです

つまり解りやすく説明すると
まず本のページ数や値段は自分で決めることができます
しかし利益を出すためにはこの最低価格よりも高い値段に設定しないといくら2兆冊売れたとしても
印税は0円なのです

実例をあげると

50ページの本を書いたとします
最初は500円で出そうかなぁと考えていたのですが
500円では最低価格まで届いていないので4兆冊うれても印税0円

ここは881円以上の値段設定にしなければ意味がなくなってしまうので
そうですねわかりやすく880円より500円高い
1330円で値段設定してみますか

この設定で一冊売れた場合、私に利益の10パーの50円がはいってくるらしいです(たぶん)
しかしこれはページ数の割にかなり高めの値段のような気がするです



うーん・・・
なんか分かりやすい比較対象ないかなぁ・・・



おっ
丁度いいところに宮部みゆきのハードカバーの小説
ブレイブストーリーの上巻があったのでページ数と値段をみてみると
市販の本だと
ページ数630
定価:1800円か


こいつと同程度の物を出そうとおもうと
最低でも6311円以上の値段設定にせねばいかんのか!
・・・コイツはきびしい

ちょっと630ページは分厚すぎたか

200ページぐらいにしてみると・・・
最低2000円~
ある程度の利益を求めるなら
2500円ぐらいに設定して一冊売れれば50円の印税
このあたりが現実的か



この様にちょっと値段設定がアレな落とし穴はあるものの
視点を変えてみたら私いいことに気づいてしまいました

それは利益目的は2の次で
自分の書いたものを記念として製本して持ってみたい
と考えてみたら・・・・

例えば200ページの物を書いたとして
もしかしたら爆発的に売れることが無いとは言えないので
強気の3000円に設定してデータを送る

すると3000円+登録費用の4980円の計7980円のみで
自分の書いた本が製本されて入手することができるんですぞ

これってすごくない?
二冊目からは一冊3000円で買えるし
一番の利点としては在庫が一切無いってのがすごいじゃないか

あまり詳しくしらないのだけど普通自費出版で紙の本を作るのて
最低ロット数がありそうなきがするんですよね
例えば100冊つくって数万~数十万とかって
私は作ったことがないので相場とか解りませんがいっぺんに大量に作った方が1冊あたりの
コストは安くなるのはなんとなく理解はできるので少ないと割高になりそうだから
一冊を7980円で製本できるのは業界がひっくりかえるぐらいすごそうな気はするんですよね



人に読ませるものじゃなくて自分のなにかの記念てきなもので作って持っておくなら
すごいよさそうな気がしませんか?
最低価格で作ろうとおもったら50ページの880+4980の
5860円で可能そうですし


なにかこっそり自分のためだけの本を書いちゃおうかなぁw

そうだなぁ
タイトルは
「ツリーハウス  13万  素人  作ってみた」

なんてどうだろう?
表の表紙がこんなのとか

ツリーハウスカフェ


こんなの

ツリーハウス ハロ


適当に過去画を持ってきただけだけどw
シンプルで解りやすいのがよさそうだしね


自己満足の世界だけど自分のオリジナルの紙の製本が手元にあるのって
なんかすこしワクワクするねw

たとえそれが世の中に一冊しかなくとも


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

在庫無しなら不安感もないし、増刷も手頃な料金で出来るし。詳しい事はやってみないとわからないけど今はこんな事が出来るんですね。
人嫌いで引きこもっておられるので前からサリンジャーを連想してました。
やりたい事があるなら後悔しちゃだめですよね。

No title

それなら昔からある本当の意味での「同人誌」をつくられたらどうですか?

Re: タイトルなし

デジタルのおかげで何事もお手軽になってきましたね

Re: No title

同人誌は一番最初に頭にうかびましたが1冊からは無理そうなイメージがあったので
調べてみたら私の見たところだと

20Pで30冊が最少ロット
16000円
 
100Pで30冊
45000円

やはりこの程度はするようなので記念に一冊ならMYISBNはななりトガってますね

おお!

仙人さま、こんばんは。有料メルマガ全盛時に紙媒体っていうのも仙人さまらしくて素敵ですね。
紙の本ってもうそんなに安く出せるようになったんですか。驚きです。

最近はみんなイベントは「塾」とか「トークライブ」なんで、仙人郷山暮らし塾なんかも人気でそうですね。塾のテキストで本使うとか。

Re: おお!

キンドルなどの電子書籍化も平行して可能なので購入するのを
紙か電子かで選択できるのはよいですよね
私は若干蒐集癖があるので紙媒体で手元に置いておくのが好きなので
本を買ってしまいますが
後は人前に出るのが苦手なので講演ぽいのは絶対にやることはありませんw
しかし実際にMYISBNの利用者で大学の教本として使っている例はあったので
そういう利用法がいいのかもしれないですね

書籍の印税は販売価格から計算するので、881円の本を販売すれば、一冊売れるごとに88円の印税がもらえますよ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

最近はツリーハウスでまったり過ごすことが増えました

仙人郷

Author:仙人郷
山の中での暮らしをダラダラ垂れ流しているブログです

第一回 山暮らし三年目 

ツリーカフェ 白面亭

自作ツリーカフェが完成しました
>

 

ツリーカフェ 1 店内も改装してカフェっぽくなりました。 フォトコン10

 

記事は新しい方のブログに移動しました 新ブログ

カテゴリ

ツリーハウス関係の記事は全部 新ブログへ移動しました それ以外の記事はこちらに残しておきます

フリー

一回目から200回までの目次

目次一覧 もしくは左上の記事一覧をクリックするといっぱいでるんです (ノ◇≦。)  PC版のみ

ランキング

びっくりするほどユートピア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。