FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルチェ素子1


いやー早くも購入してしまいました

何をかって?

コイツです





IMG_20170525_184224.jpg

この前のは5Vの物でしたが今回、新たに購入したのは
12Vの物です










しかも
5個もw

IMG_20170525_184238.jpg

色々 anazonで物色してたらけっこうお手軽だったのでこの5個セットの物をかってしまいました

  

12V  6Aの物、一個で355円
 
最初はこれがいいかなぁと思いましたが色々実験するのにもう少し数があった方良いと思って
同じく
12V 6Aの5個セットで1500円の物を買いました


それではまずは新しいものに取りかえていきましょうね

IMG_20170525_184356.jpg

この挟む器具は前回の1っこしかないのでコレをばらしていきます

IMG_20170525_184431.jpg

開けてみると同じようなものが挟まっていました
なんか型番のようなものがプリントされていますね

新品の方にもなんか書いてあります
新品: TEC1-12706
中間の数字の7がよう解りませんが
頭の二桁の12がVで下二桁の06がAぽいですね

冷蔵庫に付属していたもの
: TEC1-1270240

むむむ・・・
こっちは数字が多いですね
あてはめてみると 12Vの 02Aってことなのか?
そのあとの40ってのが謎のままですがこれは私が適当にそう解釈しただけで
この数字じたい性能を表しているのかも謎なのでようわからんです

これも上限が12Vなだけで別にそれより低ければパワーが落ちるだけで
普通につかえるのかもしれないですね(たぶん)

そんなことを考えながらも取り替え終わりました

IMG_20170525_185500.jpg


ペルチェ式冷蔵庫(仮)Ver2,03です

前回はUSB経由で5Vの物だったので携帯バッテリーと規格がおなじだったのでアレを使いましたが
今回は12vなので普通に車のバッテリーとおなじ12vから直で電源を取ます

IMG_20170525_185915.jpg

道具箱をゴソゴソしていたらクリップ付の端子ケーブルがでてきたのでとりあえずコイツでいいか
電気さえ流れればなんだっていいからね

IMG_20170525_190307.jpg

早速 クリップをバッテリーに取り付けます

IMG_20170525_190330.jpg

もう端子までは電気がきているのであとは
ペルチェ式冷蔵庫(仮)ver2.03の線と接触させるだけです
とりあえず同じ色どおしを繋いでみますがこれで上側が冷えるとよいのだけどね

まぁ反対だったらつなぐ線を反対にすればいいだけだから問題ないです

とりあえず同じ色どうしで5秒ほどつないでみました
線を外して触ってみると・・・

おおw
上側がヒンヤリ冷えていて
下側は温かいというよりちょいと熱いぐらいか
繋いでいた時間は5秒程度だったのに12Vにパワーを上げたので
効果のほうも大きいようです

しかし今日は表は雨降りで本格的な実験はやりずらいのでここまでにしておこうかな
今度こそ氷がつくれるかもしれないのだけど12Vにしたおかげでどうやって
川沿いまでその電源をもっていくかw

一応 川沿いの涼み小屋までは電線がひっぱってあるのであそこまでなら
100vと12vはもっていくことはできるのだけど問題はそこからか・・・

もしくは大き目の桶に川の水を入れといてそれで冷やしながら実験するかですね
さすがに水の量をふやせばそんなに早く温くなるわけじゃないからある程度の実験はできそうですし
氷作りの実験は今回はここまでにしておきます




しかーし
私もう一ついいことを思いついてしまったのです

ここで少し理科の勉強です
 
ミニ四駆などについている小型のモーターを動かすには
どうすればよいのでしょう?

A:答えは簡単ですね モーターに電気を流せばよいのです




それでは逆に電気を作るにはモーターをどうるればよいのでしょう?


A:これも簡単ですね
モーターを回してあげれば電気が生まれるのです


それを踏まえたうえで
ペルチェ素子に電気を流すと片方が冷えて反対が温まりますが
逆に ペルチェ素子を温かいものと冷たいものでサンドイッチしたらどうなるのでしょう?


A モーターと同じようにこちらも電気を発生させることができるのです!

ペルチェ素子を使って温度差を利用した発電ができるので
夏休みの自由研究などによいのではないでしょうか
ちゃんと実験用のキットもうってるみたいですし
やり方なんかも動画に沢山あがっていました




簡単に実験の内容を説明すると
下を水冷で冷やしつつ上にお湯のはいった容器をのせて温度差をつくって
それで発生した電気を利用してみようというものです
このキットだけだと電気をつくるだけで目には見えないので小型のファンみたいなのを別途つかって
発電を目で見えるようにしていました

ここの山小屋生活では電気を引いていないので主にソーラー発電をたよりにしていますが
冬場は日も短く 雪の日が続くと電力不足になるのでそれを薪ストーブの熱を利用してお湯を
沸かしてその熱源で電気をつくれたらよいなぁってのが実験のきっかけです

そのためにはどれぐらいの温度でとの程度の電力が生まれるのか調べておかないといけませんね

なので早速実験です

IMG_20170525_190726.jpg

下はいつもの水冷でよいとして上に乗せるお湯を沸かしていきます

IMG_20170525_190924.jpg

そのまま鍋をのせてみたけどなんか不安定なのでコップにかえます

IMG_20170525_192233.jpg

ペルチェ素子を買うついでに前から欲しかったテスターも購入しました
これでバッテリーの電圧チェックとかが気軽にできますからね



私が購入したのはこれです
お手軽な値段でデジタルのものなので簡単な実験によいかなーと思い買いました



それではとりあえず50度ぐらいのお湯を使って実験開始です

IMG_20170526_114629.jpg

たぶん20vもいかないと思うのでレンジは20vで計測開始
数値は約0,9vです

ふんむう
あんまり発電効率はよくないのかもしれませんね
0,9vしかなかったので画像のレンジは2Vで計測してましたw
数値が解らないときは大きい方から少しずつ下げていかないと
ぶっ壊してしまいますからねそこだけ注意です


今度はもう少しお湯の温度を上げてみましょうか
温度計ではかっているわけじゃないので細かい数値はわかりませんが70~80度ぐらいかな?

IMG_20170526_114826.jpg

電圧が少しあがっていますね
約1,3v
ふむう 温度を上げると電圧もあがるのか

ついでなので電流もしらべてみます

IMG_20170526_120217.jpg

200mAだと越えてしまいそうな気がするのでコードを差し替えて
10Aのレンジにあわせて電流をはかってみました
結果 
0,22A(220mA)やはり少し超えていましたか

そして最後にお湯を沸騰させて今回は90度以上かな

IMG_20170526_115033.jpg

電圧から
約1,6V

やはり温度差が増えると電圧にも変化があるみたいです
そして電流はと・・

IMG_20170526_120404.jpg

こちらも上がって数値は
0,36A(360mA)です

どうやらお湯をつかった発電ではこのペルチェ素子だとこのあたりが限界のようですね
約1,6V の0,3A
乾電池一本とおなじぐらいかな?W

因みにですが素手で線を押さえて接触させていますが全然危険はありません
乾電池を指で挟んでいるのと一緒で電圧と電流が弱いのでビリっともしません


携帯が充電できる5vぐらいほしかったですがこのままでは無理みたいですね
でも直列で3個つなげば
4,8V の1Aぐらいになるので電圧を安定させられればいい感じかもしれないですね


出来れば薪ストーブの使う冬場
雪が数日つづいてソーラーで電気がつくれないときにように12Vのバッテリーに充電できるとよいのですが
直列で8個つなげば12~13vで2,5Aぐらい発電できそうかな
電力量(ワット)にして30Wぐらいか
扇風機1台とかノートpc1台分ぐらいにはなりそうW
 
直列の数をふやせば電圧の調整がきくのでバッテリーの充電にはもう少し電圧をあげてもよいかもしれないですね


私の様に電気を引き込んでない山小屋ぐらしの人間には
ソーラー 水力につづいてペルチェ素子による薪ストーブの熱をりようしたこの発電が
日の目を浴びる時がくるやもしれませんW


最初は氷を作り出せないかの実験でしたがここまで展開するとは
思いませんでした
そんなに値段も高くないからもう少し追加で購入してみようかなぁ・・
一個4cm角なので9個並べてもそんな大きなサイズにならなそうだし
9こ直列で12Vのバッテリーの充電にちょうどよさそうですからね

あーでもあの線の細さだとどのぐらいの電流にたえられるのだろうか・・
そこも要検証か

そしてあとで氷の実験の続きもしないとね

┌(┐_Д_)┐<はっちゃけた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

No title

バイオライト キャンプストーブで検索w

Re: No title

おお
すごい。こんなものが商品化していたのですね
しかし私が見た物は良く調べてみると使い勝手はいまいちそうでした
先ず室内で使えない
電流も400mA程度しか発電できず普通の充電器の1/5程度
あとは耐久性が少し難ありぽかったです
やはり自分でカスタマイズして使わないと現実的にはきびしそうです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

最近はツリーハウスでまったり過ごすことが増えました

仙人郷

Author:仙人郷
山の中での暮らしをダラダラ垂れ流しているブログです

第一回 山暮らし三年目 

ツリーカフェ 白面亭

自作ツリーカフェが完成しました
>

 

ツリーカフェ 1 店内も改装してカフェっぽくなりました。 フォトコン10

 

記事は新しい方のブログに移動しました 新ブログ

カテゴリ

ツリーハウス関係の記事は全部 新ブログへ移動しました それ以外の記事はこちらに残しておきます

フリー

一回目から200回までの目次

目次一覧 もしくは左上の記事一覧をクリックするといっぱいでるんです (ノ◇≦。)  PC版のみ

ランキング

びっくりするほどユートピア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。