FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散髪


私は基本、床屋にはいかない
この10年を振り返ってみても一度しか床屋にいっていない
普段は自分で切っている

たしか三年ほど前まではヒッピーみたいに髪が長かったきもする
後ろ髪がみぞおちのあたりまであった
なぜそんなに伸ばしていたのかというと
散髪をしなくてよいのが楽だったのもある

しかしこんな生活をしているとドライヤーなど使えないので髪を乾かすのが
面倒になり一度だけ床屋にいって短くしてもらった

それ以来 短髪のあまりの快適さにずっと短いままにしている
長い髪は散髪をこまめにしなくていい以外のメリットがあまりない

普段はゴムで後ろで縛ってまとめていたがとにかく肩がこる
車のシートのような頭の後ろに枕みたいのが着いたイスには髪を後ろでまとめたままだと
すごい邪魔になる
乾きも遅いし布団に寝てると自分で背中で乗ってしまってひっぱられるから
枕の上に扇子みたいに広げで寝ていた

私は頭がかゆくなるのが苦手なので最低でも二日に一回は洗髪をしないといやなので
短髪にしてからのあまりの快適さに今は伸ばそうとは思わない
タオルでシャシャシャってやるだけで乾いちゃうもんね
首も凝らないし

しかしそのおかげで1~2か月に一回は髪を切らねばならなくなった
基本 ハサミ スキばさみ カミソリを駆使して自分で切っていたが
なかなか大変なのだ

まぁこの状態で3年もやってきたので慣れてはいるが今回おもいきって
バリカンを買ってみた

IMG_20170623_212645.jpg

バリカンって5000円ぐらいするのかと思っていたら思いのほか安かった
コード式ので1500~2000円ぐらいだたし
この充電式のでも2500円程度で購入できた

使ってみた感想は
す す すごい!
まるで手ノコとチェンソーぐらいの違いがある
もう比較にならんぐらい楽ちんに髪が切れる

なんてこった
2500円でこんな快適に散髪できるなんてもっと早くに購入するべきだった
普段 ハサミで自分の後頭部も短く切っている私にとって
自分でバリカンを使い後頭部の髪を切ることなぞ朝飯前

目をつぶりながらでも出来る
むしろ普段 目をつぶって手や指先の感覚でカットしているので
そっちの方が作業がはかどる

やはり何事においても道具が全てだな
木を切るにしてもノコギリや斧のような道具がないとプロの職人だろうが
切り倒すのはかなり厳しいだろう

溝を掘るのだったてトリマーさえあれば素人だろうと楽に綺麗に掘ることができる


あぁ 素晴らしきかな バリカン!!
一発でコツをつかんだぜぃ!

普段はバケツ一杯あれば洗髪とシャワー浴びる分ぐらい間に合うが
さすがに髪を切るときは大量に水がほしい

まぁそれでもバケツ5杯ぐらいあれば余裕だけど
そんなわけで今日は晴れていたので朝からバケツを太陽の当たる場所に
置いて水を温めて散髪に臨みました

これなら月一で散髪してもいいなw

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

私の兄も肩までの長髪でした。
ナンパされたとか、電車の中でお尻を触られたとか、女子に間違えられていろいろ大変だったようですが、そういうのは大丈夫でしたか?

Re: タイトルなし

特になかったです
電車のらないし
知らない不特定多数がいる人ごみのような場所もいかないし

No title

私も基本へエアサロンにはいかないですよ。女ですけどね。笑。今はなんでもあり。ルールなんてないです。自分が良いと思ったらそれでいいです。年は違いますが私も仙人狐さんとおんなじです。

Re: No title

1000円カットで十分なのですけどそれでも行かないですからね
ヒゲを剃ってもらうのは気持ちよいのだがのう
必ずうとうとしてしまう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

最近はツリーハウスでまったり過ごすことが増えました

仙人郷

Author:仙人郷
山の中での暮らしをダラダラ垂れ流しているブログです

第一回 山暮らし三年目 

ツリーカフェ 白面亭

自作ツリーカフェが完成しました
>

 

ツリーカフェ 1 店内も改装してカフェっぽくなりました。 フォトコン10

 

記事は新しい方のブログに移動しました 新ブログ

カテゴリ

ツリーハウス関係の記事は全部 新ブログへ移動しました それ以外の記事はこちらに残しておきます

フリー

一回目から200回までの目次

目次一覧 もしくは左上の記事一覧をクリックするといっぱいでるんです (ノ◇≦。)  PC版のみ

ランキング

びっくりするほどユートピア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。